カテゴリ:サイクルベース俺 > その他

 いつでもハムスター気分が味わえる機械。

 天気が悪くて自転車に乗れない時のストレス解消として買ったんですが、まあストレス解消にはなんねぇわ。前に進まないもん。

 ただ、やっぱりあんまり乗らないでいると覿面に体が鈍る。別に速く走りたくはないのですが、長く、遠くまで乗りたいという願望はあるので鈍りに歯止めを掛ける意味ではあって良かったと思います。しばらく退屈なローラーを回しが続いた後、久々の晴れ間に外に出たときは前に進むだけで感動したもんです。ペダル軽かったなあ。

 絶対コケる心配はないので、正面にテレビとDVDプレイヤーを設置してちんたら回します。

 騒音に関しては、部屋を閉めきっていれば外には漏れないレベルかと。ただ、おもいっきりぶん回した時には結構振動を感じます。ローラー台の精度というよりは、タイヤが真円でないことに起因している様子。ブレーキ時のすり減り等で多少なり存在しているタイヤ上の「面」が細かい振動を生むのだと思われます。それが高速で繰り返されることによりうなりのような低周波を発することになる。

 これは空気を少し抜き気味にすればタイヤのほうが変形するので低減できます。真下に住人が居るような場合には少し工夫をしたほうがいいかも知れませんね。

 ■自転車用クレードル 4476円
 車載用クレードルの代わりに自転車用クレードルを同梱したセットがソニーストア限定で売られていますが、場合によってはAmazonで別々に買ったほうが安かったりします。Amazon価格はころころ変わるのでタイミング次第。

 山手線一周の頃には既に買っていたのですが、使ってませんでした。ああいうのは道に迷うのも挑戦のうちだし、気ままに走るのが楽しいところを道案内されちゃあ興醒めじゃないですか。

 じゃあ何に使うのかっつったら、好き勝手に走ったあとの帰り道。もしくは輪行で帰る駅までのルート探し。もう疲れた。もう帰る。って時に道間違えて引き返さなきゃならないことに気付いちゃったりしたら心が折れますので。それがロングロング登り坂だったりした日にはもうね。

 機能はごく普通のカーナビ。とはいえ3万ちょっとで普通のカーナビが買えれば上等なモンですよね。徒歩の手持ちでも使えるコンパクトさだし。

 GPSの感度は良くって、衛星をガッチリ捕まえてくれるという印象。メモリースティックを入れてれば電源ONと同時にGPSロガーにもなるのも良し。

 自転車用のナビモードもあって、サイクリングロードのデータが入ってたり、坂の少ない楽な道を選んでくれるルート探索なんかもあるけれど、どんだけ賢いかはいまいち分からず。まあ俺の用途ならば必要にして十分です。

 スマホで十分じゃねーの、という向きもあるでしょうが、やっぱりバッテリーがネック。GPSログ取りながら地図を参照しつつ走ってたりしたら電力消費がマッハ。2〜3時間ならともかく、それ以上走るならやっぱ専用機が良いですね。帰り道にものすごい勢いで削れていく電池ゲージを見ながら不安な気持ちにはなりたくないので。

 自転車用の鍵も持ち歩くようになったもんだから、ポケットの中がジャランジャランでえらいこっちゃだったわけです。で、綺麗にまとめるためにコレ。

 フェルトのカバー内にすっぽり収まって暴れない、音がしない、ゴリゴリしない。携帯と一緒にポケットに突っ込んでもキズが付かない。ちょっと高いかとも思ったんですが、扱いに気を使わなくて済むのでなかなか良いです。

 ローラー台の下に敷くために購入。ミノウラ純正は無駄に高いんですもの。

 ルームランナーとかの下に敷くやつだから、防振性能は十分。専用マットの半額で、面積もでかい。むにむにの触感はローラー台をしまって上に寝っ転がるにも悪くない。ヨガマット的な使い方もできるでしょう。しないけど。

 これでこの価格は安いと思うわ。

 特に可もなく不可もなく。問題なくスパスパ空気が入りますよ。気圧メーターもついてるし。

 HIRAMEのポンプヘッドとか非常に評判がいいですが、わざわざ付け替える必要性は今んとこ感じていません。変えたら変えたで全然違うのかも……とは思っていますが。

 壊れたら次を考えます。

 天井突っ張りのポールにバイクハンガーが2つついているという収納器具です。縦に2台並べて吊り下げるので1台分のスペースに2台置ける他、タイヤが宙に浮いているので玄関から持ち上げてヒョイッとかければ床を汚す心配もない。


 なにより単純にディスプレイとしてカッコイイ。自分の愛車を眺めて悦に入るには最適と言えましょう。

↑このページのトップヘ