カテゴリ:サイクルベース俺 > バッグ・ツーリング

 全部カタカナなのが正式名称。TIOGAのコクーンと同じで、前輪だけ外すタイプです。

 同じようなものを持っているのに買った理由は、袋の閉じ方。コクーンがバイク下方からジッパーを閉じるのに対し、このモンベルのバッグは上からかぶせて下をドローコードで引き絞るだけなんですね。

 使ってみるとわかりますが、これが楽なんですよ。バイクを置いたまま袋を閉じるところまでできるから。コクーンのジッパーはバイクの下を通るから持ち上げながら閉じないといけないし、きちんと入っていないとジッパーが左右合わさらないから閉じない。

 それ自体は大した手間ではないんですが、風が強いと袋が煽られるんで、片手でバイク押さえながら袋かぶせて閉じるってのは相当慣れがいるんですよ。コクーンは後輪のところだけジッパーを開けて転がせる、というのも一つの売りにはなってますが、俺使わないし。


 ちっちゃいポケットがついていて、引き出して留めたドローコードをしまえます。最初どこにあるのか分かんなかった。

 あと、コンパクトリンコウバッグはコンパクトというだけあって、丸めるとボトルケージに入るぐらいに小さくなります。俺はツールボトルで塞がっちゃってるんで結局バックパックに入れるんですが、それを魅力に感じる人もいるでしょう。

 一方ショルダーストラップは普通の折り返して留めるタイプのバックルです(こういうの)。ここはコクーンの方がよく考えられていて、端っこがループになった2つのストラップをぐるっと車体に巻きつけてジョイント(こういうの)で繋げるようになっています。

 読むだけじゃよく分かんないと思いますが、コクーンは細かい作業が要らないので、真冬で手がかじかんでたりする時には楽だろね、って程度です。

 つーことで俺は袋はモンベル、ストラップはコクーンと組み合わせて「ぼくの考えたさいきょうの輪行袋」として使用しております。 


Ultralite リアラック

 自転車通勤を始めるにあたり、荷物を背中に背負うのは嫌だったのでリアキャリアを探しました。

 欲しかったのはごくシンプルなパイプだけのタイプ。LEZYNEのPOWER RACKとかracktimeのfoldit adjustableあたりを探してみたんですが、どこにも全然在庫がないもんで、「獄長」ことWiggleでTor tecのUltraliteリアラックのブラックを購入。


 消去法で選んだキャリアですが、結果としてこれが非常に良かった。安いし軽いし、パイプは必要最小限で見た目の主張は控えめ。

 やっぱロードとクロスの2台あると使い分けが進んできますね。7.5FXは街乗り特化で。

 これは六本木のTREKストアまで行って買いました。7.5FXはサドルの下にエラストマーが付いててちょっと形状が変わっているので、通販で買って万が一にも付かなかったら嫌だなと思って。


 でも普通にネットで買っても大差なさそう。どうとでも付けられますね、こんなん。結局先っちょぐねってるし。

 中に入れるのは換えのチューブとタイヤレバー、ハンディツール、ロック。こんだけ入れてるとメッセンジャーバッグで肩にかけるの疲れるんで。

 入りきらないことを考えて大きめのをやつを買ったけど少々不恰好。次買うなら必要最小限のサイズがいいですね。

 パニアバッグを付けるならリアキャリアが必要。とはいえ、週末ライドでは絶対に余計なモン付けたくないから脱着簡単なシートポストに付けるタイプ、それも工具不要のクイックリリースであることが必須。

 そう考えるとほぼ一択でした。これ以外のクイックリリース式リアキャリアって、異様に安いノンブランドの奴しか見当たらない。走行中に下手にズレたら命に関わるし、実績あるメーカーのにしました。見た目はモッサリしてて全然好みじゃないんですがね。


 QL3のアタッチメントを付けて。


 バッグを付けたらこんなん。

 容量的にはバックパックがあれば十分なんですが。

 カメラ。これだけは後ろに背負っちゃうと何かとめんどくさい。フォトジェニックな何かに出会うたびに停車して、バックパックを下ろして、カメラを取り出して、撮影。カメラを戻して、背負いなおして、走りだす。やってらんない。

 だからカメラは体の前に収納しておきたい。クロスバイクの時は肩掛けでもそんなに問題なかったんですが、ロードの乗車姿勢だと下に垂れ下がっちゃってダメ。

 そこでフロントバッグです。羊羹も入れるよ!

 車体のカラーリング的にオレンジ一択。なんだけど、初日から宇宙キタ夫呼ばわりされたマイバイクのフォーゼ化が加速してしまったような。「ふ ろ ん と ば っ ぐ ・ ON」 とか言いたくなる。(マジックハンドの抑揚で)

 スポーツバイクにはカゴとかついてないんで、細々としたものを持ち運ぶために。店でいろいろ見てみたんですが、大きさも値段もいい感じ。色はHIGH COLORという同型で派手な色のシリーズがあったのでオレンジのやつを買いました。目立つほうが事故には遭いづらくなるかと思って。

 使用頻度は非常に高いです。

 できるだけ荷物は背負いたくないので、ロード通勤はこのパニアバッグの入荷待ちでした。

 実際は待ちきれずに入荷前から何度かやってるのですが、流石のRACE EXP AIRでも肩のストラップが当たる部分は汗に湿る。やっぱり背負わないに越したことはありません。

 で、このパニアバッグはハーネスを取り付けてバックパックのようにも使用できるという代物。普段は自転車に括りつけて、雨の日は背負っていけばいちいち中身を入れ替えて使わなくて済むので楽かなと。意外とデカかったので通勤で背負うには少々大げさな気もしますが。

 こいつはオルトリーブのQL3システム対応で、専用のアタッチメントをキャリアに取り付け、そこにワンタッチでバッグを付け外しできるようになっています。


 三箇所あるフック部分でアタッチメントの突起部をガッチリキャッチしてロック。外すときは上に引っ張るだけ。このVarioは一世代前のQL2システムのモデルもありますが、固定用のパーツが全てバッグ側についているため、体にあたって痛いという理由で改良されたようです。

 ただQL3は専用アタッチメントが日本だと4400円と無駄に高いのね(当然1つは付属してます)。ユーロ圏では税込でも1500円しないということを考えると、代理店さんちょっと乗っけすぎじゃねーの、と思わなくもない。複数台の自転車で使おうとするならばQL2の方が良い面もありそうです。

 ちょっと違うけどバッグのカテゴリに。

 リクセン&カウルはKLICKfixという自転車用のアタッチメントシステムとそれを使用した鞄や籠を主に扱うドイツのメーカーなのですが、あまり大っぴらに扱っていない部品としてここに紹介したアダプタープレートがあります。

 これが何の変哲もない、ただの神アイテム。これを付ければなんでもKLICKfixアタッチメントにワンタッチで付け外しができるようになります。

 上のモンベルのフロントバッグも形や大きさに文句はないんですが、ストラップで縛って括りつけるタイプだから付けはずしがめんどくさくて。


で、こうして。


ここに


カチンと。

 まーべらす。加工もピンバイスか何かで穴開けるだけだから超カンタン。自転車から離れる時や使わない時はすぐ外せるし、複数の自転車間の共有も楽。

 このアダプタープレートは実にテンションを上げてくれるアイテム。どんなバッグもリクセンカウル化(と、言うらしい。リクセン化とも)出来るというのは夢が広がりまくり。

 例えばモンベルのフロントバッグに一眼レフは入りませんが、必要ならこの辺の手頃なカメラバッグをリクセンカウル化してやれば済む話になる。

  俺はBAGGY PORTのショルダーバッグなんかも結構気に入って使ってるんですが、これが良い感じにヘタレてきたら自転車にすげー似合いそう。

 ぶっちゃけ自転車用として売られているナイロン製のバッグはどれもこれも格好悪いので、何でも取り付けられることの喜びはひとしお。機能性は専用のものに譲るとしても、好きなデザイン選び放題ってのは何にも代えがたい。

 これは本当に良い買い物だったと思うし、アダプタープレートはまた買うでしょうね。工作楽しい。

 自転車はバラしてサイズダウンし、専用の袋に入れることで電車に持ち込んでもいいことになっています。これは簡単にタイヤを外せるスポーツバイクならでは。このように公共交通機関を利用して自転車を運ぶことを輪行(りんこう)と言います。

 輪行をすれば色んなサイクリングスポットに自転車を持って行って走れます。

 ですが今のところ、俺にとって輪行袋の恩恵は「帰りを気にしなくていい」事に尽きます。ヘロヘロに疲れても、最寄りの駅にさえ辿りつければ家に帰れる。日本の鉄道網バンザイですよ。

 折り返して自力で帰ることを考えなければ、単純に倍遠くまで行ける。あらかじめ行き先やコースを決める必要すらない。

 帰りを考えないというのは想像以上に道選びのタガを外してしまうもので。ただただ風下に向かって走り続けてみたり。あるいは逆に意味もなく坂に挑戦してみたり。

 で、こいつの使い勝手。

 輪行袋には前輪だけ外すタイプと前後輪両方外すタイプがあります。前者はパッキングが楽。でもでかい。後者はいろいろ道具が必要で多少面倒だけどコンパクトにまとまるという違いがあります。

 これは前輪だけ外すタイプ。どっちにするかは本当に悩んだんですが、立ててしまえば実質的な専有面積は両輪外すタイプよりも少なくなる、ということでこっちにしました。


でけぇ

 担いで歩いているときは流石にぎょっとされるんですが、電車内ではよっぽど混んでなければ周りの迷惑になることはなさそう。平日の通勤時間帯さえ外せば問題ないかと。ただ、床にどかっと置いておける両輪外しタイプも車内では楽そうだな、とは思う。いずれそっちも買うかも。

 あと、この商品に関しては説明書がいい加減だとか、固定用ストラップの長さが半端だという意見をいろんな所で見たのですが、特にそんな事はありませんでした。多分評判悪かったので修正されたんだと思います。

 長距離をあてもなく走ろうとすると荷物が増えるんですよ。

 常に持ち歩く財布、携帯、カギ、換えのチューブに工具、携帯食その他諸々以外にも、場合によってタオルとか着替えとか輪行袋とかカメラとか。そうなると今使ってるサドルバッグや小さいメッセンジャーバッグだけでは全然足りない。

 で、この「バイク用」バックパック。専用を謳ってるだけに、なかなか心踊る機能が詰め込まれております。


隙間

 弓なりに反ったバッグ本体と、弦に当たる位置に張られたメッシュ。背負った際に背中に触れるのはこのメッシュ部分だけで、バッグと体の間に隙間ができることになります。

 普通のバックパックを背負って自転車にのるとすぐに分かるんですが、とにかく熱がこもるんですよ。体ひとつで乗ってる時はあまり意識しないんですが、常に運動しているわけなので体からは発熱も発汗もそれなりにしてる。

 で、バッグを下ろすと、シャツの背中が汗でびったびたになっているという。とくにロードは前傾姿勢になるから、まさに背中に「載せている」状態。密着度合いも相当なもんです。

 そこに強制的に隙間を作って熱と汗を逃がす。風が通るので熱は抜けるし汗は蒸発。どんだけ走り続けても背中はサラサラで快適です。

 その分容量は少ないんですけども、日帰りライドには十分ですね。一応サイドのジッパーを開いて容量拡張もできるんですが、ノートPCと弁当持って自転車通勤、なんて用途にはちょっと厳しいか。


 ステキ機能その2。ヘルメットホルダー。バッグ下のポケットに収納されているホルダーを引っ張り出して、ヘルメットを挟んだら上部にフック。無駄にかさばるヘルメットが両手フリーで持ち運べます。このビジュアルから溢れる「専用」感がたまらない。特化された機能ってのが大好きなんですよ俺は。

 ただ、この状態だと前後に長ーくなるので、自分の車幅感覚が狂います。振り返るときは周りに注意。

 他にも雨が降ってきたときのためのレインカバーが内蔵されてたり、別売の水筒パックを取り付ければ背中から伸ばしたチューブで水分補給できたり。まあそこまで大仰なことはしないんですけど、できるってだけで嬉しいのよ。

 ちなみに自転車に乗っている時の快適性が第一義でデザインされているので、歩いている時はまあ、普通か中の下かってとこ。

 例えば、肩ストラップもメッシュだから涼しいけどクッション性は悪い。自転車に乗っているときは前傾姿勢で重量が背中にかかるからこの辺はフォローされるけれど、歩くときは重いものを入れていると肩に食い込むかもしれない。など。

 短距離の街乗りならメッセンジャーバッグにするとか、用途を考えて適材適所で運用するのがいいですね。

↑このページのトップヘ