カテゴリ:サイクルベース俺 > ウェア

 ちゃんとした自転車用ウェアを買ったのはこれが初めて。この外見ですからどうやっても普段着に転用はできませんが、流石に専用なだけあって色々便利。背中のポケットとか、部分部分で使われている反射素材とか。

 前面は風を通さない素材でできていて、背面は通気性が良く汗が抜けやすい。内側は起毛で暖か。霜が降りてる程度の気温だったらコレとインナー1枚だけでも乗り切れそうな感じ。走ってりゃ体はガンガン発熱するので、風さえ抜けなければそれで保温は十分だったりする。

 まあ、止まると寒くなるんで休憩なしで走る場合に限りますが。つまり自動的に「止まると死ぬ」といった心意気で走り続けられるので便利。

 便利なのか。

 あとインナーはユニクロのヒートテックとか着ると汗が全然乾かずにあっという間に冷えますので、ちゃんとスポーツ用の買ったほうが良いです。

 SPD仕様のシューズ。MTB向けだからといってロードに使っていけない道理はありません。ロングライドのついでにいろいろ見て回るなら歩きやすいシューズの方が良いですからね。

 見た目よりは履き心地重視で。いくつか試着したところ、これは柔らかめでフィット感が良かったので購入。柔らかいというのはつまりペダリングの力が逃げやすいということでもあるのですが、そこまで気にするならそもそもロード用のSPD-SLを選んでます。

 カジュアルなスタイルの紐靴ですが、しっかり漕げるようにギュッと締めるといちいち脱ぎ履きする時に緩めるのが面倒くさいということはあります。かといってベルクロタイプの靴はあんま好きじゃないので悩みどころ。まあ当分はこれで。 

 通勤や街乗り時、私服で自転車に乗る場合は大体チノパンをはいてます。ジーンズは細身のしか持ってないので足まわんないんです。伸縮性ないし。

 で、裾はこういうので留める。スポーツ車はチェーンリングがむき出しなので裾がヒラヒラしてると引っかかって汚れるからです。オイル混じりの汚れだからなかなか落ちません。

 ちなみに自転車から降りた時に外すのを忘れてるとものすごくカッコ悪いので気をつけましょう。

 自転車用ではないんですけども。

 左右折り重ねてジッパーを閉じる作りになっているので、胸の前の生地が2重になってて風に強い。クロスで街乗りする時にガチの自転車ウェアを着ていたら変なのでこういうので。普段着にもできるし、値段の割に作りも悪くなくて気に入ってます。

 自転車に良さげな普通の服を誰かまとめてくんないかなあ。rin projectとかnarifuriなんかもモノは良いんでしょうが、高いから。

 ロードはとにかく股が痛くなるのでパッド入りのこれを買いましたが、これ自体の振動吸収力はそれほどでもなく。ただ、使ってみて分かったのは、股よりも尻の方が手厚くケアされているということ。なので、主にその辺に体重をかけるようにしたところ、股も尻もまったく痛くなくなりました。

 ロードに乗るときの正しい姿勢は骨盤を立てる、というのをよく見るのですが、尻に体重をかけるというのは図らずもその姿勢になります。自然、腰から上は起き上がるのでハンドルは遠くなる。それでもハンドルを掴むために上半身は前方にぐっと倒す。腹筋背筋をめちゃくちゃ使います。

 結構窮屈な姿勢なんですが、不思議なことに走り終わったときの疲労はずっと少ないのね。腰回りと下半身の疲労が上半身にも分散される感じというか。正しいフォームには正しいなりの意味があるってことなんでしょうかね。

intro stinger3


 冬用グローブ。

 店で実際に色々試してみて、一番しっくり来たやつを。暖かいけどハンドルのグリップ感はしっかりあって、レバー操作の妨げにもならないのが良い感じ。cyclowiredの記事を見ても評判はよさそう。

 新興メーカーのせいかネットで取り扱ってる店は少なくて、Amazonや楽天では買えませんが、どうせサイズを合わせなきゃいけないわけだし実店舗で試してみればいいと思います。そもそも俺レベルでは手袋に7980円ってのは勇気がいるので、実物見ずには買えないわ。

 こういうスポーティな流線型の「如何にも」なヘルメット。最初は抵抗がありますが、すぐ横を猛スピードで走るトラックに追い抜かれたらちゃんとかぶろうって気になります。死にたくないし。

 んで比較的地味なのを選んだ結果がこれ。ド派手なのを何の衒いもなくかぶれるようになったら一端の自転車乗りなんでしょう。

 このREGASは形とか価格とか、ザ・無難って感じのポジションだと思います。ハイエンドには手がでないけれどこれならば……ってチョイスの集まりそうな絶妙なポジション。所詮ただの発泡スチロールだと思うと、最初に出せる値段はこの辺が限度でしたね。こういうものの原価を語る事程無駄なこともないですが。

 クロスの購入当日に10km程試し乗りしただけで手が痛くなったので発注。適当にAmazonで検索してお手頃価格のやつを選択。

 安いだけあってクッション性能もそれなり。手の痛みは乗車姿勢が改善されると出なくなりますし、「ないよりはマシ」ぐらいでしょうか。

 あと洗うと黒い汁が出る。

 前面ウインドブレークのタイツ。いや良いわこれ。全然寒くない。入っているパッドも買った同社のインナーパンツと比べてしっかりしていて、尻が痛くならない。

 他社の同製品と比べたら全くの安物ではあるんですが、そもそも良いものを使ったことがない立場から言うと、これで十分なんじゃねーの? と思ってしまいます。ひょっとして上の方もこれで良かったんじゃないだろうか。

 まあ全身真っ黒になっちゃうのも味気ないのでこれはこれで良いんだけれど。

 ロードバイクに乗るのならば、アイウェアは早いうちに入手しておいたほうが良いでしょう。

 逆光でも眩しくないように。目が乾燥しないように。これらの目的も勿論あるのですが、何より虫が怖い。

 のどかな田園風景のサイクリングロード上流を気分良く走っているとしばしば遭遇する羽虫の大群。高速移動中目に入ってしまうことの危険性は言わずもがなでしょう。相対速度30km/h以上で突っ込んで来るカナブン等、甲虫の類はもはや弾丸。体に当たるだけで相当痛いのに、万一目に当たりでもしたら。

 当たり前ですが、スポーツ用アイウェアはどれを選んでも如何にもスポーツやってますというデザイン。俺はそこまで気合の入っている自転車乗りではないし、元々メガネをかけていることもあってなかなか手が出なかったのですが、使い出すとやっぱり専用品ってのは快適なのです。

 目の周りを大きく覆うようなレンズは視野が広い。高速移動するにあたり、視界が制限されないというのは何よりも安全性を高めます。

 また、顔の局面に沿うようにデザインされているのでゴミや虫の入り込む隙間がありません。普通のメガネだと直撃は避けられるものの、内側に羽虫が入り込んでくることは多々あるので。

 この手のアイウェアは曲面デザインのせいで度付きレンズを入れると結構高くついてしまうのが辛いところ。それゆえ購入は迷いましたが、本当に買ってよかったと思います。

↑このページのトップヘ