全部カタカナなのが正式名称。TIOGAのコクーンと同じで、前輪だけ外すタイプです。

 同じようなものを持っているのに買った理由は、袋の閉じ方。コクーンがバイク下方からジッパーを閉じるのに対し、このモンベルのバッグは上からかぶせて下をドローコードで引き絞るだけなんですね。

 使ってみるとわかりますが、これが楽なんですよ。バイクを置いたまま袋を閉じるところまでできるから。コクーンのジッパーはバイクの下を通るから持ち上げながら閉じないといけないし、きちんと入っていないとジッパーが左右合わさらないから閉じない。

 それ自体は大した手間ではないんですが、風が強いと袋が煽られるんで、片手でバイク押さえながら袋かぶせて閉じるってのは相当慣れがいるんですよ。コクーンは後輪のところだけジッパーを開けて転がせる、というのも一つの売りにはなってますが、俺使わないし。


 ちっちゃいポケットがついていて、引き出して留めたドローコードをしまえます。最初どこにあるのか分かんなかった。

 あと、コンパクトリンコウバッグはコンパクトというだけあって、丸めるとボトルケージに入るぐらいに小さくなります。俺はツールボトルで塞がっちゃってるんで結局バックパックに入れるんですが、それを魅力に感じる人もいるでしょう。

 一方ショルダーストラップは普通の折り返して留めるタイプのバックルです(こういうの)。ここはコクーンの方がよく考えられていて、端っこがループになった2つのストラップをぐるっと車体に巻きつけてジョイント(こういうの)で繋げるようになっています。

 読むだけじゃよく分かんないと思いますが、コクーンは細かい作業が要らないので、真冬で手がかじかんでたりする時には楽だろね、って程度です。

 つーことで俺は袋はモンベル、ストラップはコクーンと組み合わせて「ぼくの考えたさいきょうの輪行袋」として使用しております。