人の自転車選びに付き合うのは何故楽しいのか、という事を考えた。

 たぶん自分はもう当分買わない、買えないからなんだろうな。今乗っている自転車に不満なんか全くない、むしろ様々なカスタムを経て感情は愛情の領域へ踏み込んでおりますが、ニューモデルを見てワクワクするのもまた事実。

 そんな折、友人からクロスバイク購入の相談を受けて各メーカーサイトを見て回っています。

 買い物はカタログを見て比較検討している間が一番楽しいなんて言いますが、それを味わうだけなら別に人のチャリでも構わない事が判明しました。おそらく俺、買おうとしている本人より色々調べてると思う。楽しすぎる。


 そんで何かと気分が盛り上がっちゃったので、また自分が欲しいと思ったバイクを挙げてみます。(前の →「俺が欲しいクロスバイクを挙げるよ」

 前回挙げたのは省いてます。今回は特に値段縛りはしてませんが、あんまり高いとロードに目が移っちゃうので結局全部10万以下になりました。性能と見た目、価格のバランスから「これなら欲しいな」と思ったもの。



■Bianchi ROMA 94500円 (メーカーサイト)


 俺、ビアンキ好きです。実は俺が最初のクロスを買うときに「こんなのは格好だけ」と強烈にDISられていた伏字のメーカーがビアンキだったのですが、格好良いだけで十分じゃないの。うちの嫁さんのクロスはROMA2ですけどよく走りますよ。

 その上位モデルであるROMAなんですが、2013モデルはなんといっても油圧ディスクブレーキがポイント高い。クロスバイクって大体がVブレーキなんですが、安いモデルは制動力に難あり、というようなことがよく言われます。俺はあんまりそうは思わないんですが、高速走行時や突然大雨に降られた時なんかにもガツッと止まれるのは心強い。

 2012モデルの機械式から制動力のより高い油圧式へ変わり、ぐっと注目度が上がりました。油圧ディスクブレーキのクロスは他メーカーにもありますが、泥が詰まりにくいディスクブレーキの性格上、ベースがMTB寄りなんですよね。

 その点、このROMAのメインコンポーネントはロード用のティアグラ。変速もスパスパ軽く決まるだろうし、舗装道路を快適にすっ飛ばしつつ、キュッと止まれる。これは気持ちよさそう。

 メンテはVブレーキより少し面倒そうですが(俺自身使ったことがないので分かりません)、調べる限りではそんなに難しいもんでもないですね。

 制動も快適さの大きな要素なんでぜひ体験してみたいんですが、試乗車置いてるところがないんだよなあ。


■GIANT ESCAPE AIR LTD 89250円 (メーカーサイト)


 軽ウゥゥゥゥゥいッ! 説明不要!!

 目を離したらまたシレッとこんなモデルを出してました。なんなの、8.9kgって。俺のロードより軽いじゃないの。クロスでこの値段でこの軽さ。これは単純に乗り心地が気になります。どんだけ軽快になるんだろう。

 おそらくESCAPE AIRが売れたんでしょうね。手応えがあったから行くとこまで行っちまえ、といった感があります。素材そのままのメタリックカラーで見た目は地味極まりますが、恐らく軽さの一点突破を追求した結果がこれ。重量とコストにこだわると塗装に凝る余裕がなかったんじゃないかと推測します。

 買ったらタイヤを細くしてさらに軽量化したり、スモールパーツを交換して見た目にアクセントを付けたいところですね。

 これを沼と言います。


■GIANT ESCAPE RX3 57750円 (メーカーサイト)


 いやー。黄色いねぇ。

 ジャイアント2台目。R3やRX3はクロスバイクのド定番。迷ったらコレ買っとけばいいんじゃない? と言い切れる程の圧倒的コストパフォーマンスはもはや暴力。クロスバイク購入を検討している人にとっては今更紹介されるまでもないと思います。

 でも黄色かったので。

 別に俺は黄色が好きで好きで仕方ないわけじゃないんですが、警戒色でもある黄色と黒のコントラストは店でもギュッと目を引きます。R3にも黄色がありますが、あえてRX3を選んでいるのはロゴが塗りつぶされているから。R3だと輪郭だけでメリハリが足んない気がするのよな。シートポストもシルバーより黒がいい。それだけの理由。

 性能に関係ないとこでも自転車の見た目をちまちまカスタムするのは、他の人が乗っていない自分だけの1台が欲しいという思いがあるから。なので他にあんまりなくて、目立つフレームカラーは大歓迎です。

 ※HUMMERは同じカテゴリに入りません。


■cannondale QUICK 4 69000円 (メーカーサイト)


 これもザ・無難って感じのモデルですね。

 白黒緑のいわゆるリクイガスカラーがとても好きなのですよ。キャノンデールスポンサードのチームカラーですから、他のメーカーはあまりこの取り合わせを使いませんし、それだけで検討対象になります。

 スペックでいうとRX3のちょい上、TREK 7.4FXのちょい下あたりでしょうか。価格もそんな感じ。

 自分が乗っていることもあってTREKのFXシリーズは大好きなのですが、色は去年の方が良かったなあと思う次第。今年のモデルから選べと言われたらQUICKの方に行っちゃいそう。

 この値段でもしっかりカーボンフォークは付いてきますし、特徴的に湾曲しているシートステーも振動を吸収してくれるとの事。確かにこういう形状だとバネ感はあるように見えますね。どれだけ効くかは乗ってみなきゃ分からないですけど。

 多分ママチャリからクロスバイクに乗り換えて最初に難儀するのは振動から来る手や尻の痛みなので、その辺少しでもケアされているモデルを選ぶというのも選び方のひとつです。


■FUJI STRATOS 71400円 (メーカーサイト)


 すんごい色使いをしますよねえ。

 このSTRATOSは以前からあるラインナップですが、2013モデルの色は強烈。クロモリフレームのクラシックなフォルムにこんなドギツい色を盛りますかそうですか。俺はムチャクチャ格好良いと思います。

 フロントギアはシングルですけど、街乗りなら十分。変速が高級感あるサムシフターなのもポイント高い。使いやすさならトリガーシフトなんでしょうけど、どうしてもプラスチッキーになりますから。とにかく徹底して見た目にこだわっているのがよく分かります。

 面白いのが、色で全然別の自転車に化けること。


 ブラックの方はまさにクラシックバイクって感じですね。こっちも欲しすぎる。


■MASI CAFFE RACER UNO DROP 78750円 (メーカーサイト)


 フロントシングル、クラシックスタイルなのをもう一台。

 このピストっぽいふにょっとしたドロップハンドル、あんまり好きじゃなかったんですが、最近一回りして何だかとても魅力的に感じるようになってきました。

 変速はWレバー(片側だけでもダブルって言うの?)。ドロップハンドルで手放しが必要なWレバーなんて乗り慣れてない人にわざわざおすすめしたりはしませんが、俺は欲しい。

 トップチューブにブレーキワイヤーを固定するための金具(?)もなーんか良いですね。わざわざ別パーツを用意していちいちネジ止めしている野暮ったさが逆に愛らしい。

 これはもう完全に趣味の世界。合わない人は全然合わないと思います。



 以上6モデル、自分で金を出して買うならこの辺かなあ、というのを挙げてみました。読んでいただけたならお分かりでしょうが、純然たる俺の趣味によるものでして、仕様が偏ったものも混ざってます。あくまで比較的、であって十分実用的ですけどね。

 このサイトに「クロスバイク おすすめ」といったワードで検索して来てくれる方が結構いるんですが、こんな記事は当てにしないで最初は値段と見た目で決めりゃーいいですよ。乱暴なことを言えばどれ買ったって楽しいのは一緒ですから。

 そもそも乗りやすい仕様にしたスポーツバイクがクロスバイクなわけで、どれが初心者向けでどれが上級者向けか、なんて考えるだけ無駄な気がします。高けりゃ性能がいいし、安いモデルでも5万出せれば十分快適。ママチャリに乗れれば誰だって乗れますから好きなの買ってください。

 ちなみにこんな記事を書いてしまう程度には色々とクロスの下調べをした上で、件の友人の自転車屋巡りに付き合って来ましたが、当の本人はロードに決めてました。

 おわり。


 (2013/10/19追記)2014年版を書きました → 俺が欲しいクロスバイク2014