近頃はスナック菓子の類を割り箸で食べるのが一般的になりつつあります。何かの片手間に食べる時、指先を汚さずにすむ割り箸は確かに合理的。読んでる本やPCのキーボード、マウス、あるいはゲームのコントローラー等を油でベトベトにすることなくスナックをバリバリ食すことができます。



 そんな割り箸スナック専用アイテムがこのポテトング。


ペリボーグ

 画像間違えました。


ポテトング

 見たまんまですが。プラスチック製のミニトングです。


掴みやすい

 ホールド性を高める先端のギザギザは基本として、中央についている突起がいい仕事をしてます。無造作にテーブル上に置いても重心が支点側にあるので先端がテーブルにつかないのです。箸置きがいらない箸みたいなノリですね。

 まあ、これなら普通に割り箸使えばいーじゃん、って感じかと思いますが。このポテトングには使ってみて初めて分かる便利さがあります。

 一番の利点。ちゃんと持たなくていいんですよね、これ。

 割り箸でスナック菓子を食ってる人はそのシーンを思い出してみてください。「一旦作業の手を止めて」、「食べかけの袋の中に突っ込まれてる割り箸を2本とも手にとって」、「端を揃えてきちんと持ちなおして」、やっと菓子がつまめるわけですよ。

 一方トングなら先端は常に揃ってる状態ですからね。握るだけ。それも相当融通が効く。


持ち方いろいろ

 握ったりつまんだり箸のように持ったり。左手だって楽勝です。


左手のうえに逆手

 例えば右手は片時もマウスを離さず、ネットサーフィンをしたまま菓子をめりめりと食べ続けることができます。

 自分で書いといて何なんですが、もの凄い引きこもりの姿しか浮かんできません。