17歳処女のたえ子が居候することになったのは、父の知人で31歳イケメンの升田宅。

 玄関のチャイムを鳴らすと出てきた升田は全裸でした。



えっ 着てねえ!!

 斬新すぎるわ。

 升田はいわゆる裸族だったのです。要するにこの漫画は「もし全裸の人と同居することになったら」というシチュエーションコント。

 んで升田がたえ子を待たせている間に何をしていたかと言うと。


ノリツッコミ

 なんという残念なイケメン。存在自体が絶え間のないボケである升田に対して、たえ子のツッコミが切れッ切れ。長い台詞を一息でツッコミ切る。画像でも分かるように画面が字だらけになるのですが、これが独特のスピード感とリズムを生むのです。


「うるせー黙ってろバカ いや裸バカ 常識って何なの
わたしのまわりの大人はバカしかいねーのかァ こんちくしょー」

 この「いや裸バカ」ってのが素晴らしいセンスだと思うの。いやマジで。

 ギャグ漫画の命って本当に言語感覚だと思う。この漫画も一発ネタと言ってしまえばそれまでなんだけれど、とにかく勢いがすさまじい。出オチの瞬発力が全く衰えずに最終話まで。息継ぎなしです。

 下ネタ平気な人には是非おすすめしたい。ギャグ漫画でこんなに笑ったの久しぶり。

■関連記事
  男子高校生の日常/山内泰延
  おひっこし―竹易てあし漫画全集/沙村広明