近年、漫画の1ジャンルとして「日常系」というカテゴリが確立されつつあります。特に物語もなければオチもなく。登場人物がうだうだぐだぐだとしているのを眺める漫画です。そして多くの場合主要人物は皆女の子です。女子高生です。

男子高校生の日常_01
身も蓋もねえ

 要するにかわいい女の子が出ていれば内容が薄かろうがつまんなかろうがある程度は売れるジャンルなのですね。一方で、そんな「日常系」界隈ではおよそなんの需要も認められていなかった男子高での日常生活を描いたのがこの漫画です。
 初手から売れる要素の一つを投げ捨てているわけですが、それがいい。「なんでもない日常」だったら男子高校生の方が絶対面白い(傍から見る分には)。だって男子高校生って馬鹿だもん。

男子高校生の日常_04
伝説の剣

 落ちてた棒で思わずやってしまう。高校生にもなって。

男子高校生の日常_05
コーン

 でも通行人に気づくと照れるだけの分別もある。中学生から進歩の見られない頭の悪さと成長してしまった自意識。ほとばしる童貞力。それが男子高校生。恥ずかしいと分かっていてもやらずにはいられない、勢いづいちゃった男子高校生の痛々しさが微笑ましい。微笑ましいっていうか声に出して笑う。



 さて、この作品を紹介するのならば以下を引用しないわけにはいきません。一時期WEB上でも話題になったので見たことがある人もいるかと思いますが、神の回と称される(って帯に書いてある)第4話「男子高校生と少女」より。

 川原で本を読んでいたら、そばに見知らぬ少女が座り込む。無言で何かを期待しているように見える少女。なにこれ気まずい! 何? 何か気の利いた言葉をかけたかけなきゃいけないの? というシチュエーション。

 そして口をついて出てきてしまったのは。

男子高校生の日常_02
なんかこう…死にたい

 暴走する自意識と冷静な思考のギャップが最高。これは邪気眼とか中二病とはまた違うんですね。本人がリアルタイムで悶え苦しんでいるので。

男子高校生の日常_03
風使い

 もっとも少女の方は本物のドリーマーだったりするんですが。

 この回はガンガンONLINEでFLASHアニメ化されています。以降も畳み掛けるようにカッコイイ台詞のまろび出る異次元空間を是非お楽しみください。

 こりゃあ来るぜ…真の意味での男子高校生ブームが。(来ません)


■関連記事
  ひねもすハトちゃん/久世番子
  ピコピコ少年/押切蓮介
  光の大社員/OYSTER