MM9MM9
著者:山本 弘
販売元:東京創元社
発売日:2007-12
おすすめ度:5.0


 『怪獣大国』日本。毎年全世界で起こる怪獣災害のうち、5%は日本に集中している。巨大な怪獣は多くの人命を奪い、財産を破壊する。しかし、日本にはそうした怪獣災害に立ち向かうエキスパート達がいた。気象庁特異生物対策部、通称『気特対』である!


 こんな感じで特撮ものをそのまま小説にしてしまったような連作短編集です。タイトルのMMとはモンスター・マグニチュードの略で、怪獣の災害規模を表す単位。MM9は史上空前の大災害です。

 地震雷火事怪獣。この世界では怪獣は自然災害扱いですので、対策を練るのは気象庁の職員。といってもただの公務員ですので、スゴイ科学者の発明したスーパー兵器で攻撃したり、銀色の巨大ヒーローに変身して怪獣を撃退することはできません。
 
 気特隊がするのは、怪獣の出現予測や、正体の特定、災害規模の推定など、言ってみれば裏方の仕事。それらの情報から怪獣対策を練り、自衛隊と連携して怪獣退治のための作戦行動を執る。都合よくヒーローが現れて怪獣をやっつけてくれることはありませんので、正確に怪獣の正体を掴み、適切な攻略法を考案する必要があるというのがこの小説のキモです。

 この世界では『怪獣学』なる学問が確立されており、「巨大怪獣が何故存在できるのか?」「口から放射線吐く生き物なんていねーよ!」といった柳田理化雄がツッコミを入れそうな部分にはしっかり独自の解釈を入れて解決しています。まさか「ディスコ探偵水曜日」に続いて宇宙論が飛び出してこようとは。

 架空理論『多重人間原理』によれば神話に語られるモンスターや日本妖怪なども実在したものとして肯定される。正直、最初のうちは「ラノベのノリで書いてる?」なんて思ったりもしたんですが、最終話でSFと各種神話を融合させて纏め上げた手腕は見事の一言。

 さらには怪獣対策の舞台裏なども描かれて、パラレルワールドを現実にリンクさせています。『怪獣3号』の呼称をみんなで考えたり、市民から「『怪獣雲』を見た。怪獣発生の前触れではないか」という通報が来るというくだりはしょうもなさすぎて笑いましたが、いかに怪獣災害が身近であるか、という世界の構築に一役買っています。

 なんとなくコミカルさが付いて回ってしまう特撮ものですが、ガチガチのSF理論や、公務員の悲哀を描くことでリアリティを固めてくるあたりに深い愛情を感じます。かといって特撮マニアである必要もなく、ウルトラマンシリーズのどれかを見たこと有る程度の知識で十分楽しめます。

 というか俺の特撮知識がそんなもんです。ゴジラなんか1作も観た事ありません。それでも最後のオチまで含めて、もう、大好き。


関連記事

  ディスコ探偵水曜日/舞城王太郎 
  イリーガル・エイリアン/ロバート・J・ソウヤー  
  時間封鎖/ロバート・チャールズ・ウィルスン