私という猫私という猫
著者:イシデ 電
販売元:幻冬舎コミックス
発売日:2008-07
おすすめ度:4.5


 ジャケ買い。そして大正解。

 俺は猫が好きなもんですから、これまでにも多くの猫漫画を読んできましたが、ここまで野良らしい野良猫を描いた作品にはお目にかかったことがありません。


 作者のイシデ電自身が猫だったらこんな奴だろう、という描写から始まります。とりたてて美猫でもなければ、ぎょっとするほどのへちゃむくれでもない凡庸な猫。でも尻尾はしゅるりと長く美しい、それが自慢の猫。

野良としてのプライドはあんまない
ときには人間からの差し入れにも手をつける
けど「ただねこ(ただでさわらせてくれる野良猫)」にはならない
そこまでお安くはないのだ

ちくわ
すんません

 そんな平凡ないち野良猫から見た野良猫社会の物語。荒いが力のある線で叩きつけるように描かれています。「チーズスイートホーム」なんかのほのぼの猫漫画とは対極の位置にあると言っていいでしょう。

 野良猫は猫の世界をひとりで生きていくもの。飢え、喧嘩、交通事故。常に死と隣り合わせの野良猫社会を自分の力で生きていくために、時には集まり、関わりあう。

集会
「いる」ということ

 「猫の集会」に対するこの解釈が、この作品の世界観をよく表していると思います。孤高だが、孤立せず。ゆるやかな関わり合いを持ちながらタフにしたたかに生きる野良猫たち。ゴミを漁ろうが、人から施しを受けようが、生きていること、それだけで格好いいのだ。

 野良猫の社会と秩序に目を向けたときに忘れてならないのがボス猫の存在。ボス猫・名無しの「ボス」と、新参者の「ハイシロー」のボス交代劇、そして「ボス」が「いなくなる」までの物語が実に半分のページ数を費やして描かれます。

 ボスの仕事は、誰がどこで何をしているか分かっておくこと。つまり常に他の猫たちと関わっていること。首輪をつけた「捨てられ」のハイシローに野良猫社会での生き方を教えながらボスはこう語ります。

ボスはいっとう強くていっとう賢いやつがなるんじゃない
ボスにでもならねぇと生きてけねぇようなやつがなるんだ

ボスとハイシロー
ボスとハイシロー

 そうしてハイシローは新しいボスになる。「ボス」の言葉を心に刻んで。
 そうして「ボス」は「いなくなる」。猫が姿を消す、つまりはそういうこと。

 新ボスに率いられ、「ボス」を見つけ出した猫たちは一晩中吠え続ける。

「ここにボスがいる」
「ここにボスがいた」
「ここに」
「ボスは」
「いない」

 鳥肌。ページ丸ごと見て欲しいのでコマの切り張りはしません。

 この漫画には、多くの猫漫画にあるような「人に媚びる猫に媚びる視点」(ややこしい)が全くありません。「いや〜ん、猫たん可愛い〜」という漫画ではないということ。だからこそ帯の志村貴子氏のコメント、「猫嫌いの人にも読んで欲しい猫漫画です」となるのでしょう。俺もそう思います。

 猫なんて嫌いでも構いません。ただ格好いい生き様と格好いい死に方が見たいのならばこの漫画を読むべし。震えるよ。


関連記事
  ホネネコ/unit of land 
  通販生活ネコマンガ/カタログハウス編集部 
  けものとチャット/みずしな孝之 
  猫にかまけて/町田康