チーム・バチスタの栄光(上)  (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)
著者:海堂 尊
販売元:宝島社
発売日:2007-11-10
おすすめ度:4.0

チーム・バチスタの栄光(下) (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(下) (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)
著者:海堂 尊
販売元:宝島社
発売日:2007-11-10
おすすめ度:4.0


 テレビドラマ化だそうで、そこら中の本屋で赤青黄の文庫版が平積みされています。前からこの黄色い表紙は気になっていたのでようやく読んでみました。


 「容疑者Xの献身」を読んだときにも思ったのですが、やっぱり売れてる作家の本は読みやすいですねえ。舞台が舞台なので医療用語てんこ盛りなのですが、素人にもスッと理解させる(した気にさせる)文章です。

 権力争いや縄張り意識でドロドロの大学病院内において、全く出世に興味のない田口医師。彼の視点による描写は、簡潔かつひねくれ者らしいレトリックでダレることなく読み進める事ができます。

「お前にだから話すんだけど、これから話すことは絶対に秘密にしておいて欲しいんだ。誰にも言わないと約束してくれ」
 役所の手続き窓口みたいな形式的なセリフを、時代劇風に重々しく話す。兵藤は、赤ベコを高速度撮影したように、激しく首を上下させる。

 いや、文章の巧みさを伝えるのにこの部分が適当とは思わないんですが、電車の中にもかかわらず思わず笑っちゃったもので。

 このミス大賞ということで期待して読んだわりには少々拍子抜けする真相でしたが、物語途中からブチ込まれる厚生労働省の変人・白鳥のエキセントリックな言動とそれに対する田口の評価や、彼らの掛け合いを楽しむものだと思えばそれはそれで良し。

 田口・白鳥の主人公コンビ以外にも、恐るべき政治手腕を見せる病院長や、教授の首さえ飛ばせるという噂の藤原看護士、噂話が大好物の「廊下とんび」・兵藤など、キャラクターの個性が立ちまくり。今後のシリーズでも度々出てくるのだろうと容易に想像がつきます。

 ストーリーは普通、キャラクターは高得点、といった感じ。ちょっと空いた時間にサラッと読むには良いですね。

関連記事
  容疑者Xの献身/東野圭吾