最近SNSづいております。mixi、PLAYLOGに続いて始まったばかりのビルコレにも登録してみました。アフィリエイトベースのSNSです。ビルコレで紹介した商品はすべてアフィリエイトとなって、それが購入された場合「ビルポイント」というポイント(1pt=1円)になって還元されます。そして
2000ポイント単位で指定口座への振込みが可能。

 商品が自分の紹介を経由して購入されるとバックマージンが入るというのがアフィリエイトの基本ですが、SNSというのはこれと非常に相性が良いシステムですね。
 ビルコレを使うことのメリットを考えてみる。
  • 自分の同類が見つけやすいSNSという形態をとることで、自分好みの商品が見つかる可能性が高い。また紹介した商品が売れる可能性が高い。Amazonの「あわせて買いたい」をより体系化したようなもん。

  • 紹介した商品はすべてアフィリエイトになるので皆積極的にお勧めを紹介するようになる

  • 複数ショップのアフィリエイト報酬が「ビルポイント」に一本化できて手間が省ける(中間マージンは取られてるだろうけど)

  • 商品によっては買った人にもポイントが入るという紹介者・購入者相互にとって幸せなシステム
 PLAYLOGの記事にも似たようなことを書きましたが、アフィリエイトやコミュニティにおける交流よりも、欲しいものを探すためのツールとしての可能性に期待をしたい。「欲しいものを探す」ってのは本末転倒と思われるかも知れませんが、俺のように行動原理の50%が物欲に根ざしている人間(残りの50%はやさしさで出来ています)にとって常に欲しいものがあるというのは重要なのです。意外とそういう人多いんじゃないでしょうか。

 最近はSNS氾濫状態と言いますか、各社でそれぞれの特色を打ち出したSNSがじゃんじゃか発表されていますが、ユーザーとしては全ての機能を統合するものを作って欲しいですね。SNS統合型SNSとか。「会議を減らすための会議」状態。